FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾマホンさんへ。

辛辣なコメントどうもありがとう。



引用開始


ねえ、ブログ主くん、僕は君がここまで了見の狭い人だとは思っていなかった!心の底から軽蔑するよ!在日だとか他者の問題を論じる資格が君にはないように僕は思う!そしてOさん、はじめましてですまないけど、君もブログ主と同じだよ!君達のような心無い人間を生む原因となるのならやはり格差社会は間違っているのだろうね!自分達の議論の土台まで登ってこれない人間のことを結局は豚小屋の中の豚ぐらいにしか認識していないんじゃないのかな!?あまり図に乗るなよ!僕達は君らの虚栄心を満たすための餌じゃないんだ!君達と同じ人間なんだよ!



例えば、自他ともに認めるおつむの緩い女子高生が通りすがりに君達のやりとりを見たらどう思うだろう?おそらくそうしたことを君達は考えなかったよね?もしかしなくても全く考えなかったんじゃないかな!彼女には議論に加わる資格がないと最初から切り捨てる気だったんだろう?そうした選民的な意識を持った人間が在日どうこう共同体どうこうと言っても、君達に全く頭の及ばない僕みたいなアホ達から搾取するための詭弁にしか聞こえないよ!実際君達は自分が刺身にタンポポを添える仕事を今から六十歳まで続けるとか想定もしないだろう?でも世の中にはそういう人間もいる!そういう人間の方が君達より多いんだ!君達がたまたま優れた知能と精神と肉体と周辺環境などなどを君達の親から受け継いだからといってそれは君達の功績でもなんでもないわけだし、もう少し視野を広く持っても罰は当たらないと思うよ!



引用終了。




引用開始。


ネットに公開する以上は長々しくて議論もあちこちに飛び飛びなコメントはやめてほしい!読んでいる側はついていけないよ!君達みたいに頭の良い人間はともかく僕にはつらいね!高い知性を備えた限られた人間だけで議論をしたいならともかく、公開する以上はそうした配慮をしてほしい!そして、もし僕みたいな奴はお呼びじゃないというなら初めから公開なんてするな!君達が意識してか無意識にか馬鹿にしている僕のような人間に対してももっと自覚的になってほしいよ!それではお二方、今後その辺りもよろしくお願いします!口でならどうとでも言えるんだから行動で示してね!

さて、僕みたいな頭のおかしい人間が現れることを君達はどこまで想定していたのかな?日頃頭の良い人間ばかりで集まって過ごしているであろう君達が、日本は君達だけの国じゃないこと、君達とはあらゆる面で異なる人間がこの国にいること、というよりむしろそういう人間ばかりだということ(なにせ君達は少数派なんだからね)をほんの少しでも感じてくれたのなら僕も馬鹿にされると分かって発言した甲斐があります!



引用終了





まず、「ネットに公開する以上は長々しくて議論もあちこちに飛び飛びなコメントはやめてほしい!」という点はごもっとも。公開議論にする以上、それは私の落ち度です。以後、気をつけさせていただきます。




さて、本題。



ゾマホンさんの批判の要点は「自分が弱い立場にたつことのない頭のいい人間が、本当に立場が弱かったり頭の悪い人間を無視して議論している限り、その議論は頭のいい人間の自己満足にすぎない」ということだと思います。




確かにそうとられてもしかたのないような「教養」が必要なややこしい論理の展開があったことは認めるし恥ずかしながら「自他ともに認めるおつむの緩い女子高生」のことは頭になかった。この点はO君とヨゼフさんしかみていなかったという点で反省します。それに私は「刺身にタンポポを添える仕事を今から六十歳まで続ける」立場にはない。そういう意味では私はゾマホンさんの批判から逃れることは決してないでしょう。




引用開始


そういう人間の方が君達より多いんだ!君達がたまたま優れた知能と精神と肉体と周辺環境などなどを君達の親から受け継いだからといってそれは君達の功績でもなんでもないわけだし、もう少し視野を広く持っても罰は当たらないと思うよ!

引用終了




これに関してもおっしゃる通りで、内田氏を批判した手前それは自戒しております。はっきりいって私は自分がたまたま運よく恵まれた立場にいるということは疑いない事実です。





これらを踏まえた上で反論させていただきます。






まず、何度もいうようですが、「立場の弱い人間」に「配慮」するという姿勢で私は考えてはいないということです。

今は健康で両親も健在で経済的にも精神的にも余裕がありますが、仮に私が交通事故などで障害者になったとしたらどうでしょうか?あるいは深刻な病気になったりしたらどうでしょうか?現在の車社会の中では誰もが否定できない可能性としてあるでしょう。病気はなおさら否定できない。ある日突然ものすごい借金を背負ったりするかもしれない。いきなり殴られたりするかもしれない。


そうなったときに、おそらく私は家庭に余裕があるので、それなりの生活は継続できるでしょう。知的職業について食べていくこともできるでしょう。ですが、この社会の中ですごす以上、例えば駅などでバリアフリーがなされていなかったりしたら「自分は排除されている」と感じることでしょう。私が「差別は自分の問題だ」というのは、何も自分が恵まれた地位にいるからそうでない人に対して「配慮」するということではなくて、恵まれた地位にいれば「忘れること」ができるが、それは結局、生きる上で自分にとってよいことではないし、まわりまわって返って来ると考えるからです。そしてそれは社会の構造が変わらない以上、自分がその差別に加担している事実は何も変わらないのです。


こういうことを書くと、「口でならどうとでも言えるんだから行動で示してね! 」といわれるのは当然だし、これは引用ではないのですが「結局お前は何もしないよ。しない方が特権を捨てないでいられるからね!」といわれれば否定しきるのは不可能でしょう。




ただ、記事にも書いたとおり、現在はカンパしたり勉強会に参加したり入門書を配ったり省庁や企業に抗議のメールを送ったりという形で行動したり、ほとんど毎日最低5,6時間は近代日本・朝鮮・「在日」・貧困関係の本を読んで認識をつくったり、本人としては努力しているつもりです。それでも不十分だといわれるのなら反論のしようもありません。



ゾマホンさんがどのような立場や状況にあるのかはわかりませんが、批判の力点が私やO君の「恵まれた地位」にあるのならそれは「ずるい」という批判はさけられないでしょう。少なくとも私とO君は実際に行動したり認識をつくる努力はしているし、そのような人間に対して「弱い立場」にある人が一方的に批判するのは安全かつ反対しようがないからです。


反論をお待ちしております。
スポンサーサイト
プロフィール

feinrain5

Author:feinrain5
情熱を気高さが支えてくれる。その高貴な部分こそ、感動した自分自身に他ならない。

それが教養なのだ。


それがより多いかどうかで私は人の格が決まると考えている。


教養とは何も俗に言うクラシックや絵画などいわゆる「キョーヨー」の分野にとどまらない!マンガも映画も、場合によっては日常の経験まで教養となりうるのだ。


ただ、教養というに値するものはそうそうないのも事実。


現状、生き方が混迷とするこの日本において、人生に決定的な影響を与えるもの。

このブログでは、あなたにそのような貴重な経験をさせられるような作品を紹介していきたい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
観覧者へメッセージ
観覧者へメッセージ
フリーエリア
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。